評判・口コミから学ぶ失敗しない脱毛サロン選び

強引な契約を迫られた際に有効な2つの対処法

 

脱毛サロンで強引に契約を迫られたことがある…

 

こういった苦い思い出がある人は意外と多くなっています。

特に、脱毛のキャンペーンなどを利用した人がこういった勧誘を受けています。

実際に消費者生活センターへの相談件数も年々増えているのが現状です。

 

脱毛はしたいけど、こういった無理な契約の勧誘をされるのが怖い、

実際に勧誘されてしまったら断れるかどうか自信がない。

 

そんな人のために、脱毛サロンで強引に勧誘されたときに有効な断り方を2つご紹介していきたいと思います。

 

第三者が契約を決めることをアピールする

契約のタイミングになったら、自分に契約を決める権限がないことを話しましょう。

例えば両親であったり、彼氏や夫に相談しないと決められないと伝えるとより効果的です。

 

強引な勧誘は、あなたに契約を結べる財力があると判断されたときに行われます。

あなたに契約を決定する権限がないとわかっても強引な勧誘をしてくるところは

いよいよ成績が落ち込んでいるか悪質なところです。絶対に利用しないようにしましょう。

 

お金を持っていないことをアピール

脱毛サロンで受付の際に職業を記載する欄があります。

ここに無職である、専業主婦である、アルバイトであるなどの情報を記しておくのもいいでしょう。

さすがに脱毛サロンも、お金のないお客様から強引に契約を取るようなことをしませんので安心してください。

 

クレジットカード決済を迫られることもあると思いますが、カードを持っていることを生真面目に伝える必要もありません。

 

 

このように、強引な契約を迫られたときにも対策がありますので是非実践して下さい。