評判・口コミから学ぶ失敗しない脱毛サロン選び

脱毛サロンと医療クリニックの違い

 

「自宅で脱毛をしてもなかなかきれいにならない」

「自分でカミソリや毛抜きをするとあとが残りそうで怖い…」

 

そんな人におすすめなのが、脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛です。

自宅では決してできない専門的な脱毛方法が用意されており、より安全に、

より痛みも少なく脱毛を行うことができます。

 

この脱毛サロンと医療クリニックとでは、一体どのような違いがあるのでしょうか?

施術の特徴や料金・キャンペーンの違いについて見ていきましょう。

 

 

脱毛サロンとクリニックの3つ違い

 

違い1:そもそも脱毛サロンと医療クリニックは何が違う?

 

脱毛サロンはテレビコマーシャルや雑誌の広告などでもよく見かける、

大手脱毛サロンが提供する脱毛サービスのことです。

医療機関ではありませんので、導入できる装置にも上限があります。

比較的リーズナブルな価格であることと、大手ならではの大型キャンペーンがあるのが特徴です。

 

これに比べて医療クリニックは、一般的に知られる美容整形クリニックなどで行われる脱毛になります。

脱毛サロンのような大型キャンペーンこそないものの、

医療機関ならではの最新脱毛機器などがあるのが特徴です。

 

違い2:脱毛に使う機器の違い

 

一般的に脱毛サロンは光脱毛医療クリニックはレーザー脱毛を導入しているケースが多くなっています。

最近、医療クリニックでもより手軽で痛みを感じにくい光脱毛の導入も進んでいるようです。

 

脱毛サロンの方が医療度が低くなるため、導入できる機器には制限があり、

医療クリニックの場合、医師が常駐していることもあり、脱毛サロンで導入できないような、

強力なレーザー脱毛を導入することも可能となっています。

 

違い3:料金の違い

 

脱毛サロンのほうが医療クリニックでの施術よりも安いことが一般的です。

中には、脱毛サロンの数倍高い医療クリニックなどもあります。

 

全身脱毛の場合、脱毛サロンで7,000円〜10,000円程度なのに対し、

医療クリニックの場合、15,000円〜25,000円程度と高額になっています。

 

 

脱毛サロンと医療クリニックには以上のような違いがあります。

脱毛効果ももちろんですが、料金的な面もしっかりと比較して、どこで脱毛できるかを決めるべきでしょう。